新婚旅行記その3〜3日目:大分・別府&湯布院編〜

新婚旅行:西日本ほぼ横断旅 comments(0) - よねっち(&みーさん)
JUGEMテーマ:旅行
ども、この一週間不運が連続でやってきているよねっちです。
イヤな事ってどうしてこんなに立て続けに起きるんですかね。
不思議なもんです。orz

さて、気をとりなおして新婚旅行のお話の続きを書きます。

▼2/8

朝起きて朝食を取ってからホテルを出たのは9時ぐらい。
ナビの言うまま道を走っていたら・・・これ先行き止まりじゃね?という感じの
すごく細い山道をくねくね走らされ。
まぁ結局先はちゃんと繋がっておりまして順調に進みまして。

大分市内に入ったあたりでちょいとスーパーあったんで
試しにプレミア焼酎ないかな~と思って探してみたら・・・あった。
そりゃもうあっさりと。

とりあえず大分のプレミア焼酎って事で兼八を購入。
これはオイラのパパンにプレゼンツ。
で、そばにあった佐藤(白)をハニーがオイラにプレゼンツ。
旅行に連れてきてくれたお礼だとかでもらっちゃいました。
白佐藤と兼八
旅行後、佐藤(白)をちびっと飲んでみましたが・・・う~ん美味しいんだけど
値段に見合った美味しさって感じはしませんでした。オイラ的に。
かえって高千穂で1500円ぐらいで買った御幣(限定黒ラベル)の方が
費用対効果の面で個人的には評価が高かったり。
まぁいずれにしても勉強になりました。

で、大分市内に入って昼食。
昼食
このお店で食べたのは
関アジの琉球とり天、そしてフグ刺し
なんか大分県はフグが一番安い県なんだそうですよ?
関アジのリュウキュウとフグ刺しと鳥天
う~んどれも美味かった!!

その後別府の方に移動して地獄巡り。
まずは海地獄
海地獄
お湯がまるでクールバスクリンが入っているかのような水色です。
なおここで地獄プリンなるものを食べまして。
地獄プリン
美味かったです。

次に車でちょっと移動して血の池地獄
血の池地獄
お湯が茶色って感じ。

そして最後は竜巻地獄
竜巻地獄
なんか気のようなものを出している感じの図。
ここはようするに間欠泉。
一定時間毎(30~40分間隔だったかな?)にお湯が吹き出るのです。
行った時に調度出ていたんで待たずに済んでラッキーでした。

なお地獄巡りは一箇所見るのに入場料400円取られます。
五箇所以上回るなら2000円のパスポートみたいなのがあるみたいなのですが、
まぁ正直、色が変わった水溜りを
見るだけなようなものなので

地獄巡りするよりかは適当にひとっ風呂浴びた方が良かったなぁと個人的には思いました。

竜巻地獄を見終わった後、車に戻る途中酒屋があったので入ってみたら・・・
中々をはじめとした宮崎のプレミア焼酎が置いてあったので
とりあえず中々の一升瓶を購入。
これで欲しいと思っていたプレミア焼酎の確保は無事完了。

別府を後にして湯布院に向かう途中の道にこんな建物がありまして。
焼酎館
入ってみてみたら・・・
プレミア焼酎ほぼ全部あったorz
なんか今まで
一生懸命探していたのはなんだったの!?って感じでした。

そして湯布院到着。
駅前の駐車場に車をとめて街中を散策。
湯布院の街中
何軒か酒屋さんあったので試しに入ってみたら
どこの酒屋でも何かしらの
プレミア焼酎置いてありました。orz


で、ハニーが湯布院においしいロールケーキがあるというのでそのお店へ。
ロールケーキのお店
カットの方は売り切れていたので1ロール買いました。
1500円くらいでちょいと高めな値段設定。

その後今日の宿へ移動。
3日目の宿
この宿が間違いなく
今回の旅行NO.1宿。

部屋は離れのような感じでありまして。
3日目の宿
中は広々。
3日目の宿
おまけに個室露天風呂。しかも2つ
個室露天風呂×2
露天風呂からは山々が見えて景色がとても良いです。
さらに部屋にはお金を入れる必要がない
マッサージチェアが装備されておる
というなんとも贅沢な仕様。
料理もまたいい塩梅でして。
夕食
前菜。
夕食
魚料理。
夕食
豊後牛と地鶏の炭火焼。
他にも色々出てきましてボリューム・味ともに大満足。
じゃらんの評価が高いので予約したのですが・・・
大正解でした。
湯布院泊まるなら
『吾亦紅』を是非オススメします!!


なおハニーはちょいとオツカレだったので・・・
ハニーは整体
整体なんかもやってもらったり。

夕食食べてちょっとしてから湯布院の街中で買った
ロールケーキを食べてみました。
ロールケーキ
ふんわりやわらか〜なスポンジがベネ!!
  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    無料ブログ作成サービス JUGEM