インド旅行記その7

海外旅行:2008年7月:インド comments(0) - よねっち(&みーさん)
ども、今このブログを書いている最中に地震に遭遇した
秋田県人のよねっちです。
結構長い時間そこそこ強い感じで揺れてました。
地震が収まった後ってなんか軽く車酔いしたような感じで
ちょっと気持ち悪くなるんですがオイラだけでしょうか?

ま、何はともあれインド旅行記7回目。
今回は4日目のアーグラーからベナレスへの列車移動と
インドで出会った動物達について書きます。

▼7/8 朝にちょっと雨が降ったけど概ね晴れ。

 朝6時起床。
 体に昨日のアーユルヴェーダの油の匂いが残ってました。
 なんか朝っぱらから廊下の話声が響いてました。
 寝ている人もおるんだから部屋の中で話をしてもらいたいもんです。

 7時ぐらいに朝飯を食いに行ったら
 中国人か韓国人の団体さんがビッシリいて
 まともに食えませんでした。
 まぁ食欲が無かった事もあるのですが。
 
 ちなみにこの時点での残金は2800ルピー。
 初日で空港で両替した際は3300ルピーちょいぐらいでしたので
 ルピーはまだ千円ちょいしか使っていない状態です。
(土産屋では日本円で支払いをしているので
 レストランの飲み物代ぐらいにしか使っていない)

 今日はアーグラーから列車に乗って
 ベナレスに行くだけの移動日。
 乗車時間は約9時間(11時乗車〜20時下車)。正直しんどいです。

 下の画像はたぶんアーグラーの駅周辺
 インドの駅周辺
 リキシャとかいっぱいおります。
 ポーターさん
 トランクはポーターさんが持っていってくれました。
 頭に乗せて運ぶのがインド流のようです。
 駅
 駅には人がいっぱい。あとハエもいっぱい。
 臭いが結構キツイです。
 売店
 駅の売店。意外と見た目はまともです。
 ただ何か買おうとは思いませんでしたが。
 列車
 インドの列車。パッと見の外観はトルコやエジプトの列車と大差ありませんが
 中の座席については数段劣ります。
 ちなみに今回の旅行中に乗った席は2等寝台。
 地球の歩き方では「A/C 2段寝台 A/C 2-Tier Sleeper(2A)」
 って書いてあるやつで一応上から2番目にイイ席です。
 寝台列車の中
 カーテンしか写っていないので構造がわかりづらいですが
 画像の右側は通路に沿った感じでベッドがあり、
 左側は通路に直角な感じでベッドがあります。
 で、上の段の方が一応金額的には高いそうなのですが
 右側の方の上段は窓が無いのでかなりヒマです。
 左側の方の上段は下の段にある窓が一応見えるのでちょっとだけマシ。
 下の段には窓があって風景が見れるのですが
 上の段の人が座らせてくれと来る場合があるので
 ちょっと落ち着かない感じの状態になる場合があります。
 ま、いずれにしても長時間の乗車になるので
 上だろうが下だろうがヒマを持て余します。
 ちなみにオイラは右側上段だったのでひたすら寝てました。
 
 あと定期的に物売りがやってきます。
 その際チャーイチャーイとかデカイ声で言いながら来るので
 眠りが浅い時は起こされる事しばしばです。
 
 この日の昼食は弁当でした。
 弁当
 こんな感じ。
 ただこの時点でかなり食傷気味だったのと
 列車のトイレは臭い汚いと聞いていて極力使いたくなかったので
 オイラはお菓子(ポテトチップス)とジュースしか
 手をつけられませんでした。
(なので実は弁当の内容はほとんど把握してなかったり)

 この辺でインドで出会った動物達の話などを。
 とりあえずインドはその辺で動物が歩いています。
 遭遇率が最も高いのは犬と牛です。
 牛
 犬は狂犬病を持っている可能性があるのでカメラを向けるどころか
 視線も出来るだけあわせないようにしましたけどね。
 次に多かったのはラクダ、馬、ヤギかな?
 ラクダ
 高速道路をバスで走っている時によく遭遇しました。
 場所によってはリスとか猪(正確には猪豚かな)、猿もおります。
 リス
 ちょっとレアなところでは孔雀も何回か見ました。
 まったくと言ってみなかったのは猫。ベナレスで1回見ただけ。
 ヒンズーではネズミが神様の使いだとかで猫は嫌われているそうな。
 いっぱい見れると思っていたけどほとんど見れなかったのは象とコブラ。
 旅行中はそれぞれ1回しか見れませんでした。
 ま、病気が怖いのでインドで動物に触れる事はありませんでしたが
 他のどの国よりも動物が街中等に溶け込んでいる感じでありました。

 で、21時頃に駅に到着。
 ベナレスの駅ではないのでここから小さな車で1時間かけて
 ベナレスのホテルに移動。
 途中、ディズニーランドのエレクトリックパレードと
 デコトラを足して2で割った感じの集団と遭遇。
 ガイドさん曰く結婚行列みたいなもんだそうな。
 
 で、ホテルについた時点で22時だったので即食事。
 ここでインドのお酒の代表格であるラム酒を飲む事にしました。
 ラム酒
 一杯200ルピー。
 ロックや水割りも出来たのですが安全かどうかわからなかったので
 ストレートで注文しましたが、
 後でこっそり自前のミネラルウォーターで割って飲みました。
 まぁ比較的飲みやすい感じの味でした。
 スープ
 メシはまずトマトスープから。
 洋食っぽい感じの味でデカいクルトンがカレー続きの胃に染み渡る感じ。
 カレー
 んでメインはやっぱりカレー。
 パニールのカレー、チキンカレー、豆のカレーの3種類。
 その後にトマトクリーム風味のパスタが出て
 デザートにバトルスコッチ?とかいう
 プリンみたい味がするアイスを食いました。
 この日の夕食は比較的洋食風だったので結構食えました。

 んでホテルの部屋に戻って風呂入ってこの日は終了。
 ホテル
 次の日はガンジス川の朝日を見るため4時起きだったので
 ソッコーで就寝しました。

というわけで次回はガンジス川の沐浴風景の見学と
ベナレス、サルナートの観光について書きます。

 
  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    無料ブログ作成サービス JUGEM