インド旅行記その11

海外旅行:2008年7月:インド comments(0) - よねっち(&みーさん)
ども、今かなりボンビーなよねっちです。
具体的には1万円で8/11まで過ごさなきゃいけない感じ。
ああ、なんてこったい。

さてインド旅行記もいよいよ最終日のデリーの話です。

▼7/11 晴れ

 朝の4時半ぐらいに目を覚ましました。
 車窓から見える朝の風景は・・・
 野原で野グソしているインド人の皆様。
 水の入ったペットボトルを片手に野原でしゃがんでおりました。
 (インドは一般的にケツを水で洗う方式)
 
 デリーに到着し、こじんまりとしたホテル?でまずは朝ご飯。
 まだ食欲は無かったので本当に軽く食べました。

 で、デリー観光に突入。
 まずはレッドフォート。ま、城ですな。
 あ、でも直訳すると「赤い砦」だから違うのかも?
 レッド・フォート
 逆光でよく見えませんorz
 安物のデジカメはこういう時に駄目です。
 ちなみにレッドフォートは車窓観光。

 続いてレッドフォートの門の対面にすぐあるのがチャンドニーチョーク。
 チャンドニー・チョウク
 地球の歩き方によるとインドの浅草的なトコだって。
 ・・・いやここも車窓観光だったのでぶっちゃけ
 どういうトコか後で調べてわかったようなトコなんでね。
 中を歩けば色々な意味で面白かったかもしれませんが。

 そして次はガンジーの墓であるラージガード。
 ラージガード
 これがガンジーの墓らしいです。
 真ん中の灯篭みたいなトコには絶えず炎を燃やしてるそうな。

 次はヒンズー教の寺院のビルラ寺院。
 ビルラ寺院
 ヒンズー教じゃない人も入れるし、結構造りが細かいので
 個人的にはココはおすすめ。
 ちなみにここの近くに地下道があるのですが、
 そこを通った際に明らかに足の不自由な乞食がいたんですよね。
 で、お約束のようにマネーマネーとか言って
 手を出してくるのですがオイラ達はシカトして通りすぎて
 階段を上って地上に向かうわけですよ。
 地上に出たあたりでなんか後ろに気配するな〜と思っていたら
 その乞食、手だけ使ってめっさ早いスピードでおっかけて来たんですよね。
 いや〜なんか映画のエクソシストのワンシーンのような感じ。
 マジでビビリました。
 
 そして続いてはインド門。
 まぁ凱旋門っぽいやつですか。
 インド門
 ちょっと離れたトコから見たのであまり良くはわかりませんでしたが。
 ちなみに門の逆サイドには大統領官邸があります。

 そしてフマユーン廟。
 赤いタージマハールみたいなもんです。
 フマユーン廟
 これは正門だったかな。
 フマユーン廟
 ちょっと形は違うけどタージマハールに似てるでしょ?
 フマユーン廟
 結構中広いです。
 フマユーン廟
 それなりい彫刻もアリ。
 フマユーン廟
 ちなみにこれが廟の中にあるお墓。
 タージマハールは撮影禁止だったけどここはオッケー。

 そして観光ラストはクトゥブ・ミーナール。
 やたらと高い塔ですな。
 クトゥブ・ミーナール
 すぐそばにモスクがあるらしいのですが
 外から見るだけの下車観光だったんで見れなかったです。

 観光終了後はレストランで昼食。
 ここではタンドリーチキンを食いました。
 インドのタンドリーチキンって日本で食べるやつより
 酸味があるんですよね。なんでかな?
 ちなみにカレーは完全に体が拒絶体制になっているため、
 ここは麺(でもカレー味)を中心に食いました。
 でも最後なんだからカレー食っておけばよかったかな?と今思ったり。
 
 昼食後はショッピング。
 土産物屋その5は雑貨店というか宝石店というかなんでも屋?
 ようするにインドの土産物が何でも売っているみたいな?
 ここでインドの占いでこれを入手すれば運気上がると言われた
 マル秘アイテムを入手。
 値段とか言うのは駄目らしいので何を買ったかは内緒ですが
 プライベートで私に会った場合、それを目にする事が出来るでしょう。
 ※仕事中につけるとたぶん怒られるので仕事中はつけてません。
 ちなみにいまのところそのアイテムの効果はまったく感じられません。
 でも鰯の頭も信心とか言いますんで信じる事にしております。
 値段的には鰯の頭どころじゃないしね。
 ちなみにここでは他に高校の同級生に配る用の
 ゾウのキーホルダー×5個セットと
 そのマル秘アイテムを入れるのにいい塩梅の細工箱?みたいのを購入。
 値段的には結構高かったです。

 そして土産屋ラストは紅茶屋。
 なんか有機栽培で紅茶を作っている農場を持っている人が
 やっているのようで店で、紅茶の他にはスパイスやお香も売ってました。
 日本の芸能人のサインとか写真も何枚かありましたね。
 もうここで土産屋は終了だったのでオイラは
 会社に配る用、中学時代の友人に配る用、家に持って帰る用で
 ほぼ有り金全部使って紅茶を買いまくりました。
 いや、ぶっちゃけ他の土産はたぶんイラネと言われる可能性大
 だと思って無難な紅茶にした感じです。

 ショッピングが終わった後はシャワーを浴びて休憩するために
 スタンダードクラスのホテルに。
 スタンダードクラスという事もあって
 今まで泊まったホテルに比べると確かにしょぼい部分もあるんですけど
 オイラはもっと酷いのをイメージしていたので
 むしろオッケーてな感じでした。
 
 んで1時間ちょいホテルで休憩した後、
 16時30分くらいにホテルを出てバスで空港の方へ。
 空港についたところでガイドのランジットさんとお別れ。
 1週間あんがとね。
 
 飛行機が飛ぶまで時間があったので空港内の免税店を物色。
 その1でも書きましたが空港の免税店は何故かドル表記。
 そしてオイラは前回のトルコで余ったドルを持ってきていたのですが
 その前の紅茶屋でそのドルを全部使っちゃったので
 何もショッピングできず。orz
 日本円は持っていたんですけどここでは使えないんですよねぇ・・・
 ちなみにレトルトのインドカレーとか
 ラム酒とかはツアー中でここでしか見かけなかったので
 もしインドに行ってそれらの物を買ってこようとか
 思っている方はドルを持っていきましょう。
 変り種のお土産ではカーマスートラの本とか売ってますよ。

 で、20時ぐらいに飛行機に乗ってグッバイインド。
 乗って1時間もしたら機内食が出たので
 もはや当然かのごとく和食をチョイス。
 しょぼい機内食でも極旨に感じました。
 やっぱオイラは日本人なんだなぁとしみじみ感じましたよ。ええ。
 そして後は日本に着くまで寝るだけなんですが・・・眠れない。
 ぶっちゃけ日本につくまで1〜2時間しか眠れませんでした。
 しょうがないのでバッドマンビギンズを見て、
 奈緒子が終わりそうなところで日本に到着。

 成田空港に入って入国審査・・・の前に一応健康相談室へ。
 女医さんにインドで病気になった事を告げて
 なんか簡単な問診表みたいなを書かされて、
 (どういう症状だったとか、どういう薬飲んだとか)
 その内容を見てう〜んまぁ大丈夫でしょうてな感じでした。
 一応蚊に一撃食らったのでマラリアとか大丈夫っすか?
 って聞いたんですよね。
 まぁ結果的にはマラリアにはかかりませんでしたけど
 なったら命に関わる事なんでビビるじゃないですか。
 それはそんな感じの症状が出たらここに行ってね
 的な紙を渡されて終了でした。
 うん、まぁ予想していたけど念入りなチェックはあまりしないトコみたい。
 明らかになんかヤバイ病気にかかった状態で帰国したなら別でしょうけど。

 で、入国審査を通り、スーツケースを受け取って
 添乗員さんにありがとうございましたして(健康相談室にも来てくれた)
 インド旅行のツアーは終了。

 その後は小学校以来からの親友のアパートに行き、
 マクロスFを2話見せてもらってから、
 彼が結婚する嫁さんを見せてもらい(想像以上に美人だった。やるねぇ)
 彼の大学時代の仲間や中学校時代の友人達といった数十名で酒を飲み、
 次の日に体調を回復しようと行った
 恵比寿の点滴専門のお店が日曜で休みでガッカリしてorz
 しょうがないので秋葉原で軽くWCCFのロケテをチェックしてから
 羽田空港に行って秋田に戻って全旅程終了。

 ちなみに次の日会社にマスクをつけて行ったら
 サーズだのインド風邪だの言われて散々でした。

・・・とまぁこういう感じのインド旅行でした。
次回は今回のインド旅行のまとめと
これからインドに行く人ためのアドバイス的なものを書きます。
  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    無料ブログ作成サービス JUGEM